腰部脊柱管狭窄症に気をつけよう|ズキッと来たら要注意

先生

リハビリ施設がある

女性

神戸にある整形外科では、怪我の治療やリハビリを受けることができます。高齢者が増えてきているので、寝たきり予防のためにも、リハビリの施設がある病院が増えていくと予測できます。整形外科では、最新の機器を使用して、安い値段でリハビリができますので、利用すると良いです。

詳しくはこちら

役立つ情報の調べ方

女性

治療技術と診療科の細分化が進むので、今後は病院の口コミサイトの検索機能は更に進化するでしょう。専門用語を使わずに病気や治療について書かれているので、口コミサイトは誰でも利用しやすいです。特設サイトもあるので、アレルギー疾患についての情報収集も効率的に行えるでしょう。

詳しくはこちら

大腸がんの一種です

植物

直腸がんの主な症状は、排便時の異常です。しかし、痔であるのか、がんであるのかを判断することは難しいといわれています。そのため、異常があった場合には、検査を受けるようにします。食生活の変化に伴い、腸内環境が悪化していることと、直腸がんの関連性が指摘されています。今後も患者数は増えると考えられます。

詳しくはこちら

気になる腰の痛み

腰部脊柱管狭窄症の症状には腰のしびれや痛みがあります。不調を改善する為に、治療実績を持つドクターの元で理学療法を受けましょう。

女性

腰痛は最初、腰の違和感と捉えてしまい放置される事がありますが、初期症状では動作の度に痛みが発生します。激しい運動や加齢が進むと圧力がかかり、更に痛みを強くさせます。ズキッと来たら要注意なのです。特に腰部脊柱管狭窄症は加齢による椎間板の劣化が始まりであり、弾力性が衰えて薄く潰れます。その後バランスを崩した骨や椎間板が脊柱管内部に押し出してきます。脊柱管の内部を通っている神経や血管が圧迫されて腰部脊柱管狭窄症となります。脊柱管の劣化を防ぐためには高いヒールを避けてクッション性が高い物を履きます。またデスクワークや重い荷物を運んだ後は、簡単なストレッチを行うと良いです。適度な運動も大切であり、毎日30分程度のウォーキングを行うと良いでしょう。

日本人の多くが悩む腰痛は様々な種類があるため、その症状から必要な治療を見極める必要があります。腰痛は原因がハッキリしない場合も多く、明確な診断に迷うことがあります。明確な原因がある腰痛には椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症、変形性腰椎症や腰椎すべり症があります。腰部脊柱管狭窄症の特徴は50代以降に発生率が高く、腰よりも太ももや足の裏等に痛みが発生します。神経や血管の圧迫により引き起こる炎症や痛みですが、圧迫を解除すれば改善します。腰部脊柱管狭窄症を発症した場合は自宅でのケアは難しいため、医療機関を受診して正しい治療を受けます。早期に治療を受ければ簡単な治療で済みますが、放置すると外科的手術が必要になります。他にも状態によっては保存療法が行なわれます。医療機関からコルセットでの装具を使った治療方法、超音波を使って改善を図る方法などもあります。医師の元で検査を行ない、症状に応じた治療を進めていきましょう。